法人・個人のお客様

財務状況の把握が第一歩

私たちは、会社経営、個人経営のどちらも「財務状況の把握」が大事であると考えています。会計データの入力も、正しい入力を行い毎月の試算表にて現状把握を行います。

しかし、経営者の多くの方は財務諸表の見方に自信が無いとのお言葉をいただきます。そこで私たちは、毎月の試算表について、お客様ごとに財務上のポイントを表示してお渡ししています。

通常、売上が上がれば、どの勘定科目に影響があるということは簿記会計を勉強された方であれば、一目瞭然なのですが、他の勘定科目、税務上の注意が必要な勘定科目というのがあります。そのような経営上、税務上のポイントになる勘定科目を抽出して、説明等をさせていただいております。

経営者の最終的な目標は、「事業を継続する」ことに尽きます。事業継続に対し、リスクとなる項目の早期発見と改善策の提案が私たちの使命です。

決算調整、その他業務について

弊社代表の山口は、かつて法人の決算を年間300件超、見てきました。その経験から、決算調整や税務対策を適時適切に行ってきました。

節税ばかりを謳う税理士事務所もありますが、まずは健全経営を目指したアドバイス等させていただいております。また、人材確保に関する情報や経営アドバイスまで、幅広く対応しています。

2020年6月1日